築40年の3LDK倉庫付きマンションに6年住み退去した時の話です。

築年数が古く、断熱材がほぼ抜けてしまったマンションの壁からは、冬になると室内外の気温差で水滴がしみ出し、床が水浸しになるほどでした。当然、壁紙は自然に剥がれるし、カビだらけ。子供が小さく、何十年も替えていないであろう襖を破ってしまっていたという状態での退去でした。

引っ越し先の家も決まっておりましたので、部屋と倉庫の荷物の移動をして空っぽの状態でこちらでできる範囲の清掃をしました。

まぁ、清掃費も込で多くて10万円ぐらいかな?と考えていたのですが、請求を見て驚きました。25万円だったのです。これは何かの間違いだと思い、すぐに電話をしたのですが、請求金額は変更されませんでした。築40年のマンションにこの金額はおかしいと違和感を覚え、消費者センターに問い合わせました。すると、居住者と家主で修繕費の分担がされていないとアドバイスをいただき、請求金額を変更しないようなら、またお電話くださいと言っていただけました。

その旨を管理会社に伝え、もう一度見直してもらうと金額は4万円になりました。

明らかにおかしな請求は鵜呑みにしてはいけません。