一時的な土地活用の定番は、駐車場管理が多いです。かつては、誰も住まずに固定資産税の関係から放置しておくケースが多かったですが、都市部や地方部の立地のよい場所では、駐車場に転用するケースが増えています。都市部では、相変わらず単身用のマンション建設が続いており、新築マンションは、相変わらず高い人気を誇っています。したがって未だに土地買収を目論むデベロッパーは多いです。しかしながら、思うように土地の買収が進むわけではありません。そういう際に利用されているのが、駐車場としての土地活用です。無人ですし、月極でなくタイムパーキングは、不足気味ですからね。また、24時間割引があることから、実質的な月極感覚で利用しているセカンドカーも多いです。需要と供給の関係から、上手く軌道に乗せることが出来ています。最終的な土地活用は、マンション建設でしょうが、遊休地にしておくぐらいなら、少しの初期費用を使って駐車場経営をしてみる事をおすすめします。