賃貸を解約する際、元々の状態に回復する必要があります。もしできないと費用を請求されかねません。そこで大事なこととして、荷物は可能なら全て処理しておくこと・部屋の全体をきれいに掃除しておくことです。荷物に関しては置いているだけで原状回復していないと言われかねません。また掃除に関して、原状回復の際は部屋の汚れや傷なども見られます。もし掃除して取れる程度の汚れが蓄積していると文句を言われることもあります。とにかく元々に近づけることに念頭を置きましょう。そのためには契約する前のようなきれいでさっぱりした部屋を目指せばよいです。完璧にはできなくても壁・床・シンク周り・トイレ・風呂など主要となる場所がきれいになっているだけで印象は大きく変わります。また原状回復の確認は念入りに見る人は少なく、さっと確認する程度です。もし床や壁に傷があっても自分で直せる範囲は直してしまいましょう。ごまかす程度なら個人でも十分できます。住居以外を借りていて、例えば貸倉庫などを解約する場合はなかなか取れない汚れなどもあるので予め写真などを取っておくことがオススメです。