フリーレント

フリーレント(賃料無料)

フリーレント(賃料無料)

フリーレントは、その名の通り【賃料無料】の事を言います。不動産におけるフリーレントは、その賃料無料期間の内容を指し示す事になります。フリーレントは入居者を募集する際に、入居者を迎え入れる特典として活用される事によく利用されます。特に貸事務所や貸ビル等は、比較対象になり得る物件が多数ありますので、このようなフリーレントの特典を付けて募集する事が多いです。フリーレント期間は、各ビル物件側の特典内容として様々ではありますが、一般的な内容としては、1~3ヶ月間ほどは交渉可能なケースが多いです。貸事務所・貸ビル側によりますが、時には最大6ヶ月間ぐらいまで交渉する事もあります。

フリーレントの利用方法としては、移転・引越し等の準備期間と移転前にいる物件とのダブル賃料回避で利用される事がほとんどです。

移転前にいる物件には、移転先の賃貸借契約が完了してから、解約通知を提出する事が通常です。その解約通知は、通常の貸事務所物件等であれば、6ヶ月前予告での解約通知が必要となります。それらの期間で移転の準備や入居前工事を行なわなければなりませんが、その期間も賃料が必要となれば、入居者の負担が大きくなり、そもそも移転先との契約が行えなくなる場合があります。よって、その期間のダブル賃料を回避するために、移転先の貸主よりフリーレントを頂き対応する事が一般的であります。

※移転する前に利用していた物件側への交渉で、解約予告期間を短くして欲しい…などの交渉は絶対に受け入れて頂けないと思います。少し冷たい言い方ではありますが、去って行かれる企業に、貸主が優しく手を差し伸べてくれる事は有りません。

フリーレントを交渉し、貸主の特典や好意で獲得する事は有りますが、違約内容の設定も行われることがありますので、ご注意頂く事も必要です。

違約内容の例とすれば…

貸主は、基本的に短期利用では無く、長期利用にて貸事務所や貸ビルを利用して頂きたいという思いがあります。貸主は、長期利用を求める為、フリーレントの特典を付ける代わりに、借主の早期退去(2~3年未満など)が発生した場合の違約設定を行なう事が多いです。例えば、借主負担にて早期退去(2年未満)の場合には、フリーレント期間分の賃料を違約金として設定する…等があります。

フリーレントの交渉を行なうには、現利用物件の解約予告なども関係してきますので、それらの内容も当社に開示して頂ければ、一番ご負担の無い状態への交渉を当社は可能な限り取り行わせて頂きます。

株式会社スペース・リーダー ℡ 06-63107510